FC2ブログ

平和祈念資料館

水鳥センターをあとにして
沖縄の南部へ。

サトウキビ畑や海がみえます
のどかなこの地で戦争が行われていたと
思うと胸が痛みます

まずは平和の礎へ
中央には水と火を使ったモニュメントがあり
そこには地図があります
中心が沖縄です

沖縄を中心に見て
サイパン、台湾、上海、韓国、東京
たくさんの都市の真ん中に沖縄があること、
この地でたくさんの民族、いろいろな立場の人の間で戦いが繰り広げられたこと、
この沖縄を中心に平和の波を広げようとゆう
沖縄の方の決意があることを
聞きました

近くに立つ名前の刻まれた礎は
広がる波を表しているようです
そこには国も立場も関係なく亡くなられた方の
名前が連なります
日本の民間人、軍人
アメリカ、イギリスの軍人
韓国から連れてこられた人々


韓国の方の隣はスペースがあいていました
名前がわからない方、遺族が名前を刻みたくないと思う方など様々な事情で2万名分の
スペースがあるそうで、
それだけでもたくさんの方が亡くなったことを感じます


祈念資料館では目を覆いたくなる事実がたくさんありましたが
戦争を体験した方も思い出したくもない出来事でしょう
しかし同じ歴史を繰り返さぬよう残されたものを
しっかりうけとめ伝えなければなりません

資料館の名前も祈念とゆう字が使われていることにも
思いを感じます

その後沖縄のおばあたちの話をきけました
話したくないことを思い出して話してくださりました
資料館でみた資料はたくさんでしたが
実際その口で語られると
より深く感じます
現地にいってこその感覚でした

礎にたくさんの方が名前を連ねていることの意味
だれが悪いのではなく
戦争が人間を悪くする
悪を探しても平和や心の平安にはならないので

二度と戦争にならないよう一人一人が祈念しなければ!




二日目

22日の朝は
漫湖水鳥湿地センターに集合

集合時間まで湖をぶらぶら

人生初のマングローブ干潟!
聞いたことのない鳥の鳴き声
台湾なんとかってとりだったな

かわせみみたいな鳥もたくさん

渡り鳥は冬にくるようでみれなかったけど

マングローブのにおい
めがなれたらみえてくる
たくさんのかにやハゼ

ハゼたちのやりとりはドラマチックだったよ!
つがいで舞うアゲハ蝶がファンタスティック

ここにある豊かな自然は
ここに住む人にとっては当然あるものなのかもしれないけれど

はじめてみたわたしにとっては尊いもので
ずっとずっとまたこの地にきてもこの景色にあえたらいいな


22日夜

仕事後に沖縄に向かった方と
22:30に合流
赤嶺駅
日本最南端の駅だって!

蒸し暑いこと!
ホテルの窓ガラスの外側が結露
カメラのレンズもはげしく結露

23:00近かったけど飲み屋さん探し
沖縄の夜は長い
スーパーもドラッグストアもマクドも24時間
のみやさんも満席で入れなかったり!

入れたお店も店内ラストテーブル
オリオンビールおいし!
島らっきょ、うみぶどう、ちゃんぷる、残波とゆう泡盛、たくさん美味しいものをごちそうさま!

DVD 標的の村 鑑賞

移動先の教会にて
夕食後、標的の村をみました
このドキュメンタリーは映画化されて
この夏に公開が決まっているそうです

内容はもう衝撃的でした
目にしたくないシーンがたくさん
とゆう映画は戦争映画などでもみたことがありますが
これはドキュメンタリーで
ここ最近のこの地でおこっている現実

標的の村とゆうタイトルは
沖縄北部の高江は
基地に囲まれている
そして訓練をする兵隊が明らかに自分たちを
標的にしているポーズをとるとゆうところから
きたタイトル

内容は基地のこと
オスプレイ
住人がベトナム戦争のとき、襲撃訓練のときにベトナム人役をさせられた
座り込み現場に行ったことがない7歳の女の子が通行妨害で訴えられた スラップ裁判

ぜひ多くの方にみてもらいたい!

鑑賞後、意見交換の時間がありましたが
わたしはことばがみつかりませんでした
DVD の内容とあまりの自分の無知加減がショックでした

沖縄の方々の発言がありました
うっちんとうする(うなだれる)とゆう単語をききました

正直、沖縄に基地がないと生活に困る方々があるのではと思っていましたがそうでもないようです

やはり平和あっての生活、お金ではないでしょうか(原発も然り)
例えば
思いやり予算→働かない→ギャンブル→
→銀行融資→県外の人が土地を購入→県外に軍のお金が入る
とゆうようなことも少なくないようで

基地がなくなった土地で雇用が22倍になったとゆう話もありました


高江には枯葉剤がまいた場所があるとも、

核の弾薬庫も

もう信じられないことだらけで
どうなっているんだろう
日本は...

みんなで目をきびしくしなくてはなりません

22日 出発~到着~市場

22日

台風四号の影響で風が強く
飛行機が飛ぶか心配

心配は杞憂でした
出発時には雨も止み
無事出発

しかし結構ゆれたなー
沖縄の天気予報は曇と小さな傘マーク


沖縄に近づくと快晴!
雲ないよ
海が青くて空も青くて
島が点在
わくわくする!
うきうきとしましたが
空港について物々しい雰囲気に
気持ちが沈みます
あおい空や海には似合わない
小型戦闘機がたくさん

飛行機の搭乗口を出たとたんの暑さと熱気

荷物をとり外に出ると
一年前に福島の南相馬でおあいした
宝せんせいがご夫婦でまっていてくださいました

宝せんせいとまたおあいしたかったのも
沖縄に来る大きなきっかけでした!
私は感動してましたが
先生は思い出してくれるのに時間がかかったみたい 笑
韓国からのチョウ先生も合流し
車にのせていただき
市場へ観光に!

向かう途中はみたことない街路樹だらけ
風が吹くと自ら葉を落とすインドネシア杉とか
パイナップルみたいなのがなってる木もありましたが
パイナップルは畑で土からはえる

がじゅまろも大きいものがたくさん!

街につくと熱風熱射に早くもダウン気味
しかしチョウ先生がおもしろかった

ベトナムのまちににてるなー
この豚の料理は韓国とおなじだなあー
韓国ではお正月に豚の頭が丸ごと食卓にのるんだけど笑顔のぶたは高いんだよーと
楽しい解説つき

タコスとサーターアンダギーをたべあるき
みたことない顔と色の魚におどろき
食材の安さにびっくり

それからは皆さんと合流し
観光バスにのり教会へ
建物の特徴も話していただいていたので
道中たのしかったです
シーサーもいたし!
sidetitleプロフィールsidetitle

tsuki

Author:tsuki
月とクラリネットに惹かれる 池田 奈月です

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード